妊娠初期は、出血、お腹の痛み、つわりなどが起こり、どうしたら良いのか判断に困ることがよくあります。
診療受付時間以外は、クリニックは閉院していますが、お電話でのご相談はお受けしています。また状況によっては時間外でも診療が必要なこともありますし、さらに緊急を要する場合には総合病院などへ受診を手配させていただくこともあります。
体調が不安な時、異常を感じるなどご心配なことがありましたら、まず当クリニックへお電話ください。

尚、時間外は転送電話になっておりますので、ご了承願います。



 妊婦健診の間隔
妊娠6ヶ月(妊娠23週)まで・・・・・・・・4週間ごとに。
妊娠7ヶ月(妊娠24週)から・・・・・・・・2週間ごとに。
※数日間のずれは構いません。
 ご都合のよい日時を前もってご予約下さい。
 妊婦健診の内容
1.尿検査 2.超音波 3.体重測定 4.腹部の測定 5.内診
※状況によりその他の検査を追加することがあります。
※ご希望の方に超音波の映像を録画させて頂きます。
(VHSのビデオテープ等をお持ち下さい。)
 公費健診について
妊娠中に2回「妊婦一般健康診査受診票」(母子手帳にはさみ込んであります)を使って公費健診をします。
<1回目>
● 血液型 ● 貧血 ● B型肝炎 ● C型肝炎(HCV)
● エイズウィルス検査(HIV) ● 梅毒反応 ● 風疹抗体
● 成人T細胞白血病ウィルス検査(ATLA)
<2回目>
● クラミジア抗原 ● B群連鎖球菌
以上の検査をします。それぞれが赤ちゃんへの感染を予防し、健康に保つために必要な検査です。検査は一部自費ですが、ぜひ受けるようにおすすめします。
<<<料金表をご覧下さい。


当クリニックは入院施設を設けていませんので、分娩を現在は行っておりません。
9ヶ月ぐらいまで当クリニックで妊婦健診をし、その後、ご都合の良い施設に転院していただきます。
赤ちゃんの状態、設備、地理的環境を考慮し、あなたのご希望をしっかりとお聞きして、それぞれの方に最も適切な施設をご紹介いたします。
近隣の施設とは常に連絡をとり合っておりますので、転院による不利益などトラブルはございません。
入院施設についての情報が必要でしたらいつでもお申し出下さい。

| トップページへもどる|